結婚式司会/
ウェディング・イベント司会者【プロス】

MENU

Blog

プロス通信

披露宴・ウェディング司会者になるためのスクール選びのポイント

2022.08.06

近藤彩.jpg

いつもありがとうございます!
プロス司会者養成スクール事務局鈴木です。
 
披露宴・ウェディング司会者養成スクールのHPはこちらです
https://www.pros-it.co.jp/school_seminar/
 
本日は早速本題へ
 
ウェディング・披露宴司会者になりたい!
もしくはウェディング・披露宴司会者になるために
どのスクールで学んだらよいのか?
 
と思ってこのブログをご覧になっている方が
かなりの数、いらっしゃるかと思います。
 
今日はどの事務所のスクールを選ぶにしても
役立てていただけるのでは?
と言うことを私の体験などからお伝えできればと
思っています。
 
かつては比較的大きなアナウンススクールで
「結婚式司会者養成講座」のようなコースがあり
そこで勉強した生徒さんを対象にした
オーディションがありました。
 
そのオーディションに
婚礼司会を請け負っている司会事務所が
複数参加し、そこで合格した人が
合格を与えた婚礼司会事務所の研修生となる。
 
そしてその事務所のスクール(レッスン)を受けて
さらにその中でオーディションが行われ
合格者がその事務所の所属司会者として
デビューという運びとなる・・・
 
これが王道であったと思います。
 
しかし最近大手アナウンススクールでは
結婚式司会者養成講座を行うスクールが
減ってきた、というよりほぼ無くなったのでは
ないでしょうか。
 
今後はこの形でのルートはほぼ無いとお考え頂くと
良いと思います。
 
その代わりにウェブで情報発信が
容易になった最近では
私たちのようなウェディング・婚礼司会業務を
請け負っている事務所が行っているスクールに
直接入学し、学ぶ方法が普通になってきています。
 
とは言え、スクールの形式、勉強の期間、
そして最も気になる費用などは各社様々です。
 
ここで自分に合ったスクールを選びのポイントを
いくつかお伝えできればと思います。
 
1)ホームページが自分の感性と合わないところは避けたほうがよい
 
スクールに関する情報は
各司会事務所のホームページでご覧になられると思います。
 
そのホームページがご自身の感性と合わないと感じたら
その事務所の運営しているスクールは避けた方がよいと思います。
 
ホームページがいつの時代のデザイン?とか
使っている写真がえらく古い?
Googleなどの検索順位で下位に表示されている
 
とかだったらその事務所はITに関して疎く
かなり感覚も仕事のやり方も古いことが予想されます。
 
逆にホームページの感性が自分に合うとか
なんかいい感じ!と思うところでしたら
有力な候補と言えると思います。
 
 
2)面談や説明会の際に自分が望む答えが得られないところはNG
 
もちろんそのHPだけでは十分内容が
わからないことがほとんどかと思いますので
 
説明会や面談と言う形で一度担当者に会う際に
その事務所に必ず詳細を確認してください。
気になることなどはすべて聞いておきましょう。
 
その際に自分が質問したことに対して
しっかり答えていない、答えを得た感じがしない
事務所は避けた方がよいと思います。
 
何といっても司会事務所ですから・・・
 
口(話)はうまいです( ;∀;)
 
なので答えているようで、実は答えていないとか
良い意味でも、悪い意味でも上手くまとめてしまう
技術が結構あるかもです。
 
ですから自分がした質問に対して
答えがしっかり得られたか?
そこはしっかり自分を信じて、確認してください。
 
得られたならば、その事務所(スクール)は
コミュニケーションに関して意識が高いと
思われます。そのような事務所(スクール)の方が
誠実に、しっかりと指導してくれるのでは?
と思っています。
 
3)元アナウンサーなどがたくさん所属している事務所はよく調べた方がよい
 
元アナウンサーなどがたくさんにいるメディア・イベント系が
強い事務所でもウェディング・披露宴司会をやっていて
スクールを運営しているところもありますが
 
メディアや芸能の経験の無い方はこのタイプの事務所で
ウェディング・婚礼司会を行うのは難しいかもしれません。
ちょっとハードルが高いかも。
 
それでもそのような事務所で自分を磨きたい!
と言う方を止めることはできませんが
それでも申し込む前にスクールの詳細は
しっかり確認することをお勧めします。
 
こちらはあくまで個人的な意見ですが、お勧めはしません。
 
 
4)最初に「直感」でここが良い!と思ったところが
最も良い選択になる可能性が高い
 
 
 
各事務所の色々な条件の違いによって
迷うことがあったら、原点である
 
「直感で一番よいと思った」
 
ところをお勧めします。
 
もちろん気になる条件などはあるかと思いますが
そこはしっかり確認をして、あとは決めたら迷わず飛び込む!!
 
のが良い、自分に合ったスクール選びの成功の秘訣かと(^_-)-☆
 
 
 
ここまでどウェディング・披露宴司会者になるための
スクール選びのポイントをご案内をさせていただきましたが
いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです。
 
ちなみに弊社スクールはこちらが詳細になります。
 
https://www.pros-it.co.jp/school_seminar/
 
その弊社のスクールは
2022年秋の10月6日か13日を
「基礎編」の開講日として予定しています。
 
 
「アナウンサーになりたかった」
 
「人前で表現する仕事に憧れていた」
 
「ウェディング業界に関する仕事をしてみたい」
 
 
と思っている
 
 
ウェディング・披露宴司会者になりたい方
ウェディング・披露宴司会者に興味をお持ちの方
 
を対象にしたスクールに関する
 
「個別説明会」を
 
ZOOMなどを使ったオンラインで行っています。
 
個別説明会の所要時間は30~60分です。
参加された方のご質問にお答えするのが中心となります。
 
そこで不安を解消していただき
ウェディング・披露宴司会者になるための
スクール選び、実際の行動を
起こして頂きたいと思っています。
 
その「個別説明会」で参加された方だけが聞ける
スクールを選ぶ際に役立つ質問なども
お伝えしています!
 
これはあまり書くことができません!!
まさに個別説明会ならではの
「ぶっちゃけ」となります(^^)/
 
スクール選びにかなり効果があると思いますよ!!
 
個別説明会のお申込みこちらから
https://www.pros-it.co.jp/contact/
 
では結びにスクールを卒業した
A.Kさんの声をご紹介します。
 
「ベースとなる知識や対応だけでなく
個々のキャラクターに合わせた指導をして頂きました。
 
その為、結婚式の伝統や形を大切にしながらも
型にはまらず柔軟に対応しようとする姿勢を
身につけることができました。
 
研修の場を卒業した後にも
自宅でできるトレーニング(発声等)を教えて頂いたり
現場で活躍なさっている先輩のお話を伺ったり
現場を何度も見学させて頂き、とても有意義な時間でした。
 
他社のスクールを受けたこともありますが
そちらと比較しても、実践に即した充実した内容だったと思います。
 
また、私は一緒に学んだメンバーからも
数名デビューが決まり、何でも相談できる同期ができました。
 
研修生の頃から先輩方のサポートも手厚く
司会者になる為に学ぶには、本当に良い場と思います。」
 
彼女は今ではバリバリの弊社レギュラー司会者としてがんばっています!
 
私たちはウェディング・披露宴司会者になりたい
 
「あなた」
 
からのご応募・お問合せをお待ちしています!
 
本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 
プロスウェディング・披露宴司会者養成スクール
https://www.pros-it.co.jp/school_seminar/

ウェディング・披露宴の司会者をスタートする年齢について

2022.07.30
日野ともか.jpg
いつもありがとうございます。
プロス司会者養成スクール事務局の鈴木です。
私たち司会者養成スクールのHPはこちらです。
 
早速本題へ


ここ何回か続けて比較的若い方が

個別説明会にご参加して下さいました。

若い方がウェディング・披露宴の司会の仕事に

関心を持って下さったことをとても嬉しく思っています。

 

と同時に彼らが不安に思っていたのは

自分たちがこの仕事をするのには

 

「若すぎるのではないか?」

 

ということでした。

 

実際に個別説明会に参加される方の多くは

ご自身が何歳かに関わらず

 

「この仕事を始める年齢」

 

について質問されますので

 

本日は細かくこちらでお伝えできればと思います。

 

「今〇〇歳なんですが始めるのは遅いでしょうか?」
「〇〇歳だとウェディング・披露宴司会者はまだ早いですか?」
 
この感じのご質問を結構な頻度で受けます。
実はこれについて言えば
なんとも申し上げようないのですが・・・
 
本音を申し上げれば、やりたい!と思えば、
どんな条件でも始めてしまえばよいのかな?
とも思っています。
 
でもそれではあまりにも不親切なので
今までの私たちのスクールに
参加した方たちの結果や
合格後の活動の状況を見て
始めるのに良いのかな?
と思える年代をお伝えできればと思います。
 
始めるのに最も適した年齢は
 
「27歳以上~35歳以下」
 
と言えます。
 
ご自身も結婚していて
挙式・披露宴をしている
または結婚の予定がある
友人などの結婚式に何度も出ている
 
という年代と言えるでしょう。
 
やはり「結婚式」「披露宴」に関して
ある程度現実感があるのは重要なポイントです。
 
そしてこの年代から喋りの仕事を・・・
スタートするとなると、アナウンサーや声優
イベントMCでは年齢的になかなか厳しいです。
 
自ずとウェディング・披露宴司会から
喋りの仕事をスタートする・・・と言う方も多いかと思います。
 
併せて新郎新婦もこの世代の方たちが
圧倒的に多いですから、やりやすいかとも思います。
 
 
※24歳以下はちょっと早いかも
 
たまに大学、短大や専門学校に在学中の方から
 
「スクールに参加できますか?」
 
と言うお問い合わせを頂きます。
 
もちろん参加できますし
やる!となったら、一生懸命サポート致しますが
 
大学、短大や専門学校に在学中の方には
 
「喋りの仕事」がしたいなら
もっといろいろな「喋りの仕事」があることを伝え
それらを調べてからでも遅くないかも・・・
なんてことを言っています。
 
大学生ならシンプルに
 
「アナウンサーを目指したら?」
 
なんてお伝えしています。
 
これは24歳以下で既に社会人として仕事を持っていて
「喋りの仕事」に就きたいと思っている方にも
同じようにお伝えしていて、
 
特に既に社会人で「喋りの仕事」に就きたいという方には
こんな仕事もあるよーなんてお伝えすることもあります。
 
https://ananaru.com/817
 
 
またウェディング業界で仕事をするために
司会を・・・と言う方には
 
まず全体を知った方が良いかも・・・
ということで特に学生の方には
ウェディングプロデュース会社や
結婚式場への就職をお勧めすることあります。
 
24歳以下ですとご本人がまだ結婚式・披露宴に
出たことが無い方も多いです。
 
まずは様々な社会経験をしてから
ご自身が結婚式をしてから
ご友人の披露宴にたくさん参加してから
でも始めるのは遅くないのかな?
 
と思っています。
 
同時に喋りの仕事でも
まだいろいろ選択できる年代でもあるので
色々調べて、考えて、相談して、体験するなど
ご自身で動いて、決めた方がよいのでは?
と思っています。
 
 
※45歳以上の方は覚悟を決めて
 
45歳以上で始めるようとされる方には
相応の覚悟をもって臨んでいただくことになります。
 
ご自身が一緒に仕事をされる立場になればおわかりになるかと思いますが
 
「4✕歳です、全く経験はありませんがよろしくお願いします」
「5△歳です、新人です。一から教えてください」
 
と新しく入った方から言われたら
 
「えっ?」
 
と思ってしまうのではないでしょうか?
 
これはウェディングの現場でも一緒です。
 
実際は新人でも求められるパフォーマンスは
それなりものを期待されます。
 
若い感じ、新人と見える司会者ですらそうですから
見た目がそれなりの経験があるかな?
と思える人でしたら、かなり期待されます。
 
ですから45歳以上で始める方は
スクール卒業の際に
 
普通の新人以上のパフォーマンスができます!
 
と言える位の意気込みで頑張る必要があるということです。
 
そしてこのくらいの年齢の方は
当然社会人として、またご家族の中心として
培ってきたキャリアがあるわけです。
 
「職場では管理職」
「その会社内で、ある仕事の第一人者」
「既に子育てを済ませ、立派に成人させている」
 
という素晴らしい結果を残されている方も
いらっしゃいます。
 
そのキャリアを持った方が
「喋りの技術」
「ウェディングの最新知識」
全く一から新しいことを身に着けようとすることは
私の観察では結構大変なことが多いです。
 
そしてそうなのですから仕方が無いのですが
今更「新人扱い」を受けること
 
受け入れるのは少々大変なようです。
 
合わせてウェディングの現場は
ご自身のお子さんくらいの年齢の方が
主力ですから、その人たちに
ある意味「使われる」「指示される」感じ・・・・
 
こういう現実も受け入れてもらった上で
始める必要もあります。
 
と言うことで「覚悟が必要」
といった表現を使っています。
 
とは言え多くの企業で「副業」が解禁となり
「人生100年」という超高齢化社会に突入
仕事ができる年齢も引きあがってきました。
 
この仕事は定年がありませんから
50歳から始めても
 
その人次第にはなりますが
「20~30年」はできる仕事です。
 
実際に15年くらい前までは
始める上限は「35歳くらい」かなと思っていたのが
40歳を超えてスクールに参加される方
かなり増えていますし、私たちもあまり気にならなくなっています。
 
とは言え、50歳を超えた方は
かなり厳しいことが多いです。
その年齢の方たちは挑戦しようと思うなら
本当に、本当に、覚悟を決めてご参加ください。
それでも厳しい現実を
受け入れる必要があるかもしれません。
 
 
・・・・・・
 
と色々申し上げましたが
始めるにあたり、不安やご不明の点が
おありになるかと思います。
確認されたいこともあるかと思いますので
 
参加希望の方、または
興味があって話だけでも聞きたい方には
 
「個別説明会」
 
の時間を設けています。
 
最近コロナの第7波が発生していますので
 
基本はオンライン(ZOOM)で行っています。
(チームスやグーグルミーツなど他のミーティングアプリでも対応しています)
 
そこで詳しく聞いていただければと思っています!
 
個別説明会のお申し込みはこちらから
https://www.pros-it.co.jp/contact/
 
今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 
ウェディング・披露宴司会者養成スクール


 
1  2  3  4  5

最新の投稿

2022.08.06
披露宴・ウェディング司会者になるためのスクール選びのポイント
2022.07.30
ウェディング・披露宴の司会者をスタートする年齢について
2022.07.23
男性でもウェディング・披露宴司会者養成スクールで学べます
2022.07.10
司会者養成スクールについて個別説明会を実施しています。
2022.07.02
秋のウェディング・披露宴司会者養成スクール基礎編開講の予定です。

バックナンバー

FACEBOOK
FACEBOOKへ
株式会社プロス Facebookページ

司会者募集

プロスでは、現在、新人・ベテランを問わず司会者を募集しています。 詳細や応募方法はこちらからどうぞ。


司会者プロフィール

プロス司会者のプロフィールと映像を見ることができます。


司会者育成スクール

Contact

お気軽にお問い合わせください。

TEL : 0120-02-41220120-02-4122
メールでのお問い合わせ・資料請求はこちらから